日 付: 2011年9月17日
天  気: 雨
出発時刻/高度: 09:09 / 1837m
到着時刻/高度: 12:04 / 1833m
合計時間: 2時間55分
合計距離: 4.11km
最高点の標高: 2082m
最低点の標高: 1833m
累積標高(上り): 238m
累積標高(下り): 240m

*クリックで拡大します

 



雨が降ったりやんだりの残念な天気。しかも霧が濃くて何も見えませんでした(T▽T)
ゴンドラとリフトを3つ乗り継いで、一気に標高差1060mを上がります。
標高1830mの八方池山荘までは、観光気分であっという間に到着。 八方池まではきれいに整備されているので、危険な個所は全然ありません。
でも観光程度の装備の人より、登山ルックの人たちの方が多かったと思います。

当初の目的は朝一のゴンドラに乗って、唐松岳をピストンする 日帰り計画でした。
前日までの天気予報は曇り。長期予報を見ても一日雨は降らずに 持ちそうな天気だったので気持ちも装備も準備万端でした。

んが・・・

なんと朝起きたら強い雨・・・しかも山方面は真っ白で何も見えません(笑)
前泊だったので、完全に準備をしてから朝ごはんを食べに行ったので ガッカリ気分は最高潮でした。
くら〜い気持ちでごはんを食べていると次第に雨は弱くなってきたので、 ロープウェイのチケットも買っちゃってあるし、とりあえず行ってみるか・・
ということに。

ゴンドラやリフトを乗りついて八方池山荘に到着。 このとき結構雨が強く降っていたので、みなさん軒下で雨具を着込んだり 諦めてお茶を飲んだりしていました。

しばらく悩んでいると雨が小ぶりになったので、八方池くらいまでは 行ってみようと言うことになりました。
道中ぐちゃぐちゃというところはほとんどないのですが、岩がごろごろ しているところは雨でとっても滑って危険でした。

第1ケルン、第2ケルンを順調に進んで難なく八方池に到着。 でも見渡しても池の姿はありません(笑)
霧が濃すぎて何も見えませんでした!池の際まで行くと、おぉ、池っぽい! みたいな感じです(笑)

周囲にベンチがあったので、いつも持ち歩いている200円で買った雨合羽を びっしょりのベンチに敷いて、コーヒータイムを楽しみました。
風はあまりなかったので、雨でも寒くなくラッキーでした。

しばらくボーっとしてから下山開始。 滑る石に苦戦しながら八方池山荘まで降りてきました。
丁度お昼くらいだったので、外のベンチでお昼ご飯。 泊まったホテルがお弁当を用意してくれていたので、おいしく頂きました(*^-^)

八方池に映る白馬三山と青空、五竜岳の雄姿・・・
期待していた景色はさっぱり見えなくて残念だったけど、また来年も リベンジしたいと思いました!

 


8:00
雨で気分はブルーでしたが、とりあえず出発!
葉っぽい池山荘まではゴンドラ・リフト・リフトと3つを乗り継いで登ります。
  ゴンドラからの眺め。
めっちゃ天気悪いです(^^;)
  ゴンドラを降りるとうさぎ平に到着します。ここにはきれいなレストランがありました。
ここを通過してさらに2本のリフトを乗り継ぎます。
 
9:00
乗り継ぎの最終地点、八方池山荘に到着しました。
ですが御覧の通りの天気・・・
しばらく軒下で迷っていましたが、雨が小ぶりになったので八方池まで行こうと目標を決めて歩き出しました。
 
9:50
息(ヤスム)ケルン(第2ケルン)に到着。
雨と霧で視界が悪く、慎重に登ってきたのでだいぶ時間がかかりました。
霧はさらに濃くなっていました。
 
10:30
目標の八方池に到着(笑)
と言っても池はどこにも見当たりません。
  池のすぐ際まで近づくとやっと池があるということに気づきます(笑)
少しまったら霧が晴れるかな〜などと言いながら、ベンチに腰をおろしてコーヒータイムにしました。
気温が低くベンチも濡れてびっしょりで体が冷えてきたので、アツアツのコーヒーは体にしみわたりました。

しばらく休憩してから足早に下山です(^^;)
 
12:20
下山は濡れて滑る石と格闘しながら降りました。
リフトを2つ乗り継いでうさぎ平まで戻ってきました!
この時運よく雨がやんでいたので、お昼ごはんにすることにしました。

テラスにはテーブルセットがいっぱいあってゆっくりと食事を楽しめます(*^-^)
  泊まったホテルが用意してくれたお弁当!
めっちゃおいしかった!
しかもリュックに入りやすいように細長い形のお弁当箱です。気が効いてる!!
  テラスから白馬の町を見下ろせます。
晴れてたらめっちゃきれいなんだろうな〜(*^-^)
12:50
おなかもいっぱいになってたっぷり休憩して最後のゴンドラに乗って駐車場へと帰りました。

天気が悪くて期待していた眺望はなく残念なトレッキングに。

また絶対リベンジします!