日 付:2011年7月8日
天  気:くもりのち雨
出発時刻/高度: 08:45 / 1503m
到着時刻/高度: 16:00 / 1503m
合計時間: 7時間15分
合計距離: 7.89km
最高点の標高: 1955m
最低点の標高: 1503m
累積標高(上り): 577m
累積標高(下り): 497m

*クリックで拡大します

 



母が高山植物が大好きなので、今回は黒岳に登ることになりました。
チングルマやツガザクラなどがたくさん咲いていました(*^-^)


黒岳駐車場に車を停めて、ロープウェイで五合目まで行き、リフトを乗り継いで七合目まで登りました。

60歳過ぎの父と母と一緒に高山植物見学トレッキングでした!
登りが辛いのは知っていましたが、それでも見たいというので皆で助けあいながら登りました。登りも下りもゆるゆると、母のペースに合わせたので、事前に計画した時刻よりも2時間ほどオーバーしてしまいました。ちょっと計画が甘かったかなと反省しています・・・

当日の天気は朝から小雨が降ったりやんだりでしたが、天気予報では午後から上がってくるということだったので決行。ところが午後2時過ぎくらいから本格的に雨が強くなり、かなり濡れてしまいました。

危険な雪渓が3,4か所あって登りはなんとか頑張れましたが、下りはとても怖かったので軽アイゼンを装着しました
ですが雪渓が終わるとごろっとした岩場になるので、アイゼンをつけたりはずしたりと忙しい感じでした
雨のせいで岩が滑り、雪解け水のせいで登山道は浅い川のようになっていてコンディションは最悪でした。

山頂に到着するとまるで外国の山のような素晴らしい景色が広がります!霧が濃かったので全体を見渡すことはできませんでしたが、たまにサーっと晴れると、うわ〜!と思わず声が出てしまいます。

石室までの道のりは高山植物を見ながらなので、るんるんであっという間に到着(*^-^)母はとても感動していました。
石室に到着すると管理人さんがお疲れさまでしたと声をかけてくれました。石室にはベンチがあり、ゆっくりと座ってお昼ご飯を食べました。
途中雨が強くなってきたら、管理人さんが小屋の中でどうぞとおっしゃってくださったので、甘えて小屋に移動。

その後お鉢を見に行くために雲の平方面に歩きだすと、もっとたくさんのお花が咲いていて見事でした!!平坦な道のりなのでぐんぐん進んで行きましたが、意外に距離があって天気もますます暗くなってしまったので、お鉢を見ずに引き返しました。とても残念でしたが、引き返す勇気も必要かなと思いました。

石室から黒岳山頂を経て下山。すぐに雨がどんどんと強くなってきて疲れた体にはこたえました。危険な雪渓を時間をかけて下り、雨で滑る岩場を皆で協力しながら進んで行きました。

父も母も疲れたけど、黒岳を登れたということが自信につながったと言っていました。

次の日に銀泉台に行ったのですが、底の管理人さんにも黒岳に登ったのはすごいですよと言われました(*^-^)
コンディションは悪くてきつい工程でしたが、目的のお花畑はたっぷり見ることができて、いろんな経験が出来たなと思いました!

 


8:15
駐車場からロープウェイに乗って黒岳山頂駅に着きました。ここからさらにリフトに乗り継ぐためにリフト乗り場へ歩いていきます。
 
8:25
リフトはめっちゃ快適です(*^-^)
 
8:40
リフト山頂駅につくと小雨が降ってきました。
先に到着していた方々は、雨装備に変更されていました。
  エゾシマリスさんが出迎えてくれました(*^-^)
めっちゃかわいい!

さて、ここから本格的な登山道へと出発です。
  最初のころは大きな岩がごろごろしています。
  高度を上げるにつて、どんどんと残雪が多くなっていきます。
  とても大きな雪渓です。しかも傾斜もきついので、すごく慎重に登りました。
でも登りに関してはあまり滑ると言う感じではなかったので軽アイゼンは装着せずに登りました。

ちなみに下りはめっちゃ怖かったです・・・
もちろんアイゼン付けてこわごわと降りました(^^;)
 
10:00
やっと9合目!
この時すでにヘトヘトで、こんだけ登ったのにまだ9合目?!という感じでした(^^;)
雪渓という難関もあり、それだけ登りがきつかったです。
  9合目からの景色です。
曇っていたのであまり眺望がよくありません。
 
10:20
『あの形の岩が見えたらもう少しで山頂!』とネットで見たことがあった岩が見えました!

ところがここから山頂まではまだまだきつい登りが続きました(^^;)少しずつ少しずつ足を進めます。
父と母の体力が心配でしたが、なんとか登っていました。
 
10:40
突然視界が開けたと思ったら山頂!
登りが辛かっただけに、思わずやった〜!と叫んでしまいました!
  遅れてきた父と母を待って少し休憩してから石室へと向かいました。
山頂から見た石室方面へと降りる道です。
  デーハー夫婦です(笑)
 
11:15
きれいな高山植物を眺めながら歩いていると、石室が見えてきました。
  やっと石室に到着!
ベンチがあったので、ここでお昼休憩です。
ここで食べたコンビニのおにぎりのうまいこと!(笑)
有料のバイオトイレがあります。
1人200円が基本のようです。
使用後に自転車をこいで汚物をかきまぜる構造です。
前に20回、後ろに10回漕いでくださいとかいてありましたが、ものめずらしさもあり、多めにこいじゃいました(笑)
 
13:00
石室を後にして雲の平方面へと向かいました。
天気が心配でしたし、まだまだ距離が長そうで、無理かな・・・と思いましたが、せめて国内でも屈指の大きさを誇るお鉢は見たかったので頑張って進みました。

ところが見る見る天気が悪くなり、お鉢まではまだまだ遠そうだったので、今回は泣く泣く引き返すことにしました。
残念!
 
13:40
石室から黒岳山頂へと戻るルートにも、大きな範囲に残雪がありました。
風が強い場所のようで、強風で雪が舞い、ブリザードのようでした。
 
14:00
黒岳山頂まで戻ってきました。
登って来た登山道は真っ白な霧に覆われて全く見えません!
この後下山を開始しましたが、とにかく濃い霧と雨というコンディションで疲れた体には相当こたえました(;-_-)

しかも急こう配の雪渓を降りるのに更に体力を使い、雪解け水で濡れた岩場は滑って危険。2時間かけて登った道を、同じ時間をかけてやっと下りました(^^;)