日  付: 2010年12月12日
天  気: 晴れ
出発時刻/高度: 08:00 / 833m
到着時刻/高度: 11:45 / 834m
合計時間: 3時間45分
合計距離: 5.18km
最高点の標高: 922m
最低点の標高: 721m
累積標高(上り): 487m
累積標高(下り): 477m

*クリックで拡大します

 



ケーブルカーの始発時間より前に到着したのに駐車場はすでに満車の文字が!
紅葉の時期は終わったのになぜこんなに混んでるのかなぁ?と思ったら、この日はなんと「トレラン」の開催日だったのです!
なるほど・・・。聞いてみると参加者なんと1200人!!そりゃ駐車場も満杯になりますよね(^^;)
登山道は完備されており危険な個所はほとんどありません。七代の滝に向かって降りていく道は下りが厳しく足が痛くなります。
滝からロックガーデンへ向かうには、鉄製の急こう配の階段を上りますが、踏み幅が狭いので注意が必要です。
ロックガーデンのさわやかさはとても素晴らしかったのですが、休憩所でコーヒーを飲んでいるとトレランの人たちがやってきて、
いつまで経っても終わりが見えません(笑)仕方なく歩きだしたのですが、邪魔になりはしないか・・・と気にしながら歩いたので
どんな道だったのかすらあまりよく覚えていません(^^;)
下山時には、トレランの故障者の人を向かいに行くべく救急車がやってきたりとものものしい雰囲気で、慌てて帰ってきました。

 


7:50
彼の腰の状態があまりよくないので、登りも下りもケーブルカーでの計画でした。
少し割安になる往復の切符を買って乗り込みます!
椅子の幅がとても狭いので、二人で並んで座るとギューギューでした(^^;)
ザックを抱えても向かいの人にぶつかってしまうんじゃないかと思うくらい狭いです(笑)
 
8:00
10分ほどすると山頂駅に到着します。
大きな広場になっていて視界は良好です(*^-^)
ここから宿屋などがたくさんある方へ向かって歩いていきます。
  この入口をくぐっていきます。
  舗装された山沿いの道をしばらく歩くと宿屋さんやお土産屋さんなどがたくさん並んでいる場所に到着します。
写真でこの傾斜のすごさが伝わるでしょうか?山道より険しいんじゃ?!というほどのものすごい坂がず〜っと続きます(笑)そこを越さないと登山道まで行けません。
ウォーミングアップには厳しすぎる坂道でした(^^;)
 
8:20
鳥居をくぐっていきます。
ここでもとどめの長い階段を上ります。
 
9:00
やっと山道らしくなったなぁなどと思いながらなだらかな道を歩くと、七代の滝へと向かう分岐があります。
せっかく来たのだから滝を見に行こうということで、なが〜い下り坂を進むことに。
下っても下っても滝は見えず、道を間違えたかな?と思った頃やっと滝の音がしてきました。

下りで足が痛みだしてふくらはぎはプルプルします。

やっと滝に到着した時は、今までで一番辛い下りだったなと思いました!

滝はそれほど大きくないですが、とてもきれいです(*^-^)
そしてここの付近だけひんやりととても涼しくてびっくりしました!ちょっと休憩しているとすぐに寒くなってきました。
  水は透き通ってこんなにきれいです!
 
9:20
滝からロックガーデンへと向かうちょっと怖さを感じるような鉄製の階段を上ります。かなりきついです。
登りきったところには天狗岩がありました。
でもなにが天狗なのかイマイチよくわからず(^^;)

鎖がかけてあってどうやら岩の上に登れるようです。
私たちは登らずにロックガーデンへと向かいました。
 
9:40
ちょっと歩くと苔むした雰囲気のロックガーデンと呼ばれる区間が始まります。
写真のような雰囲気が1.5kmも続きます。
小さな沢沿いをずっと進んで行きます。マイナスイオンたっぷり的さわやかさでとても気持ちのよい場所でした!
  途中なんどか沢を越えますが、写真のように大きな石が配置してあってびっちょりになるようなことはありません。
しっかり設置されているので危険もありません(*^-^)
 
9:50
ロックガーデンには休憩場所とトイレがあるので、ここでいつものコーヒータイムです(*^-^)

トイレはぼっとんなのでティッシュは必須です。
  ここから眺めるロックガーデンは、太陽の光を浴びてキラキラと光っていてとてもきれいでした。
  まったりしていると何やら騒がしくなってきて、あっという間にトレランの人たちでいっぱいに!
1200人の行列は待てど暮らせどなかなか終わらず、仕方なく皆さんに交じって(もちろん歩きですが)出発しました。

狭い場所では邪魔になるのでは・・・と気になって仕方なく、結局雰囲気にのまれ追われるようにしてケーブルカーの駅の方へと向かいました。

結局最後までみなさんと一緒でした(笑)
 
11:50
今回はたいして長い距離を歩いたわけじゃないのに、待ち時間が多かったために時間かかっています(^^;)
しかもトレランのけが人の方を救助に行く救急車がじゃんじゃん走って行って、ものものしい雰囲気で終わりました・・・

なんだか落ち着かないトレッキングでしたが、でも目の前でトレランの迫力を見ることができたのはラッキーだったなと思います!