2005年ゴールデンウィークの終盤に小淵沢方面へプチ旅行に行ってきました。
午後からあいにくの雨でしたが、車移動なのでさほど影響もなく、楽しい時間を過ごすことができました。
今回のテーマは、「うなぎ」 「温泉」 「ソフトクリーム」です(笑)

レンタカーをネットで予約して、朝7時に自宅を出発!途中でコンビニによって朝ごはんを買ったりするのも 楽しみのひとつだったりします

自宅から中央自動車道に抜けるのに、まずは都内を突っ切ります。秋葉原の裏を通りCOREDOの横を通過し、東京駅も乗り越えていきます。その後皇居の横を通り警視庁や最高裁判所を横目に見ながら高井戸ICへと向かいました。

平日でしたが都内は渋滞もなくすんなりと通過することができてほっと一息。ところが高井戸ICマジックにはまり中央道に乗り損なって、調布ICまで20号を走るはめになりました(笑)


中央道の小淵沢ICを降りたのは、お昼ちょっと前の時間。まだお昼を食べるには早い時間だったので、ぷらぷらと観光することにしました。

向かったのは←の写真の「三分一湧水(さんぶんのいちわきみず」という名所。このあたりは古くから水の名所だったそうで、水が沸く箇所がたくさんあるようです。

なぜ三分の一かというと、昔この湧き水の利用をめぐって3つの村で争いが耐えなかったのだそう。その争いをなくすために、三分の一ずつ平等に水を分配できるようにしたのが、この造りだそうです。


こちらは水が湧き出ているところ。向こう側はなだらかな丘になっているので、突然水が湧き出ているというのがよくわかりました。
澄んでいてとてもきれいな水でした(^^)




今回とても楽しみにしていたのが、こちらの井筒屋さん。
うなぎと天麩羅がメインのお店です。

店構えが古めかしくて懐かしさのあるお店でした。中はすべてお座敷で入り口で靴を抜いて家に上がるという感じ。回り廊下があって、昔のおうちをそのままお店にした印象を受けました。

駐車場が狭いのが難点ですが、なんとか止めることができて外のベンチで順番待ちをしていました。私達がお店に着いたときは、4組くらいの人が待っていて、お昼時はとても賑わっているようです。


オレンジののれんに大きく「う」と書かれています。黒い壁にオレンジ色がモダンな雰囲気でいいですね。

お店の中に入るとうなぎの独特な匂いがします。
うなぎは毎日静岡から直送されてきて、備長炭で焼いてくれるのだそう。

旅行中はケチってもしょうがない!ということで二人で上を注文しようぜとはりきっていました(笑)




うな重(上)2,650円
こちらは彼が注文した「うな重(上)」です。
ご飯が見えなくくらいうなぎが乗っているお重と、白焼き、漬物、小鉢、きも吸いがセットになっていました。
彼はとても食べきれない・・・とあっけに取られていました(笑)






うなぎめし(上) 2.400円
そしてこちらは私が注文した「うなぎめし(上)」です。
うな重と漬物、小鉢、味噌汁、だし汁、薬味のセットになっています。
これは3通りの食べ方があり、その食べ方を書いた紙がしゃもじの先に結び付けてありました。

一回目はそのまま食べる。
二回目は薬味を混ぜて食べる。
三回目はだし汁を混ぜてうな茶づけにして食べる。

ということ。もちろん全部試してみましたが、意外にうな茶漬けが一番おいしかったかも(笑)だし汁と言っても、普通の味じゃなくて、うなぎの骨でも焼いたのが入ってるのかな?という香ばしい味がしました。



お店に入ったとき、私達の隣には中年の夫婦が先に座っていました。しばらくしてその夫婦が注文したメニューが運ばれてきたのですが、二人とも「うな丼(並)」だったようです。

料理が運ばれてきてから、だんなさんが一言ぽつっと言いました。
「こりゃ、ご飯の量を計算して食べないと余っちゃうな(笑)」と。

奥さんはふふっと笑っていましたが、その何分後かにはだんなさんの言うとおり、汁がかかったご飯だけになっていました〜(笑)
ということで、うな丼(並)はうなぎの半身がぺらっと乗っているだけの、かなり寂しいメニューだったのです。


おなかもいっぱいになったので、次は「スパティオ小淵沢」にある立ち寄り温泉に向かいました。

写真は温泉施設のほう。
大人は600円で利用することができます。お風呂の中にはシャンプー、リンス、ボディーソープはありますが、タオルは持ち込みになっていました。もっていなくても300円で購入することができるみたいです。

建物は比較的新しくてお風呂も大きくてきれい。露天は2つありました。内湯にはサウナもありかなり満足(^^)二人でぴっかぴかになってきました!


スパティオ小淵沢はもともと道の駅で温泉もあるという施設で2006年8月に道の駅として認可されたそうです。
土産品などもたくさん売っていました。
自家製天然酵母パンを作っている「桑の実」というパン屋さんがあったのでさっそく見にいき、←の写真の通り大収穫してきました〜(笑)

食べてみると、なんというかお店で売っている自家製酵母パンというより、自宅で作った自家製酵母パンという感じ。おいしくないわけじゃないけど、クラムがつまっていて水分の足りない固いパンでしたね。
ベーグルはあまりもっちり感はありませんが、まぁこれくらいならよしとしよう、程度です。

お店に入ってパンを見た時の印象はよかったんだけどな〜〜(笑)


温泉を後にし、八ヶ岳高原ラインを走りながら清里方面へ向かいました。
途中駅のほうへは向かわず、清泉寮方面へ降りていき、お約束のソフトクリームを食べてきました。

実はこの頃雨がものすごく降っていて、このあたりは山に囲まれているので、深い霧が立ち込めていてとても寒かったのです。お店の中にはだるまストーブがあって、しっかり働いていました(笑)

自分達用にお土産をいくつか買って、家路につくことにしました。そこからICまでの道は3メートル先も見えないような霧が!!ライトをつけてゆっくりおそるおそる車を走らせながらなんとかICまでたどり着きました。



帰りは眠さと戦いながら高速道をを箸って帰ってきました。途中なんどかサービスエリアに立ち寄ってガムを買ったりジュースを買ったりして気分をリフレッシュしていました。

都内につくと、昔二人でよく食べたお気に入りに味噌ラーメン屋「味噌一」に寄って夜ご飯を食べて行こうということになり、久しぶりに味噌一のラーメンを食べてきました。

また満腹になりながら自宅方面へ向かいます。レンタカーなのでガソリンを満タンにして帰さないといけないので、まず自宅前で荷物を降ろして、ガソリンを入れてから返してきました。
楽しかったプチ旅行もこれでおしまい。
また、行こうね!


井筒屋(うなぎ)
住所:山梨県北巨摩郡小淵沢町1035
電話: 0551-36-5990
営業時間: 11時?14時、17時?20時30分
休業日: 火 (定休日が祝日の場合は翌日休)
駐車場: あり(無料)9台
スパティオ小淵沢 (温泉)
住所: 山梨県北巨摩郡小淵沢町2968-1
電話: 0551-36-6111
お風呂営業時間: 10:00〜24:00
駐車場:あり
[ ホームページ ]
清泉寮 (ジャージーハットのソフトクリーム)
住所: 山梨県北杜市高根町清里3545
電話: 0551-48-4441
営業時間: 9:00-17:00 、 9:00-18:00(土休日)
定休日:年中無休
ソフトクリーム:300円
[ ホームページ ]


CLOSE