箱根といえば大涌谷と黒い温泉卵。昔子供の頃に家族と行ったきりだったので、ちょっとワクワクしました。
駐車場に車を止め、降りると硫黄の匂いがします。黒たまごを食べるべくいざプチ登山!
観光地にしては結構ハードな上り坂を進んでいくと煙がもくもくして強い硫黄の匂いがします。観光客がてんこ盛りで外人さんが半分を占めていました!きっと日本の観光地と言えば、箱根=大涌谷なのでしょうね(笑)

 

1個食べると7年寿命が延びるという黒たまごです(笑)1袋に6個入っていて500円という微妙な値段設定。見た目はすごいのですが、食べるとごく普通のゆで卵です。袋の中には塩も入ってます。硫黄の匂いでクラクラしながら山を降りる途中で、→のカゴを発見。これはからっぽですがどうやら黒たまごを運ぶためのかごのようですね。


ホテルに向かう途中で「石釜パン」の文字を発見!パン好きのchokoとしては寄らずにはいられません(笑)坂道の途中に看板があり、すごいスピードで走っていたので通り過ぎてしまいましたが、もちろん引き返してお店を探しに行きました。
たどり着くとそこは普通の民家でした。営業してるのかどうかも分からず、敷地内をウロウロしてると、中から女の人が出てきて、パンはこちらに売っていますよ、と家の中に案内してくれました。
午後だったので5種類くらいしか残っていませんでした。買ったのはアンパンとレーズンパンとフィグとくるみのカンパーニュです。酵母はホシノを使用しているとのこと。ほんのり甘くておいしいパンでした(^^)
● 雄喜苑(ゆうきえん)
〒250-0522 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根90-015
TEL : 0460-3-5004
9:00 〜 21:00
URL : http://www5d.biglobe.ne.jp/~yukien/index.htm


泊まったのは健保の保養所でビオーレというホテルです。
北イタリアをイメージして作られた建物ということで、どこもかしこもリゾート気分いっぱい。中庭も手入れが行き届いていてすごく素敵。右の写真噴水の奥には椅子とテーブルのセットがあり、何時間でもそこに座っていたかったな(^^)
でもその日は日差しが強くてかなり暑かったので、ずっといたら熱射病になってたかもしれませんが(笑)

2階から見たロビー。家具がびっちり所せましと配置されていないのがリッチな印象で良かったです。中庭からさんさんと日が差し込んでいて気持ちのいい空間でした。
ここに座って雑誌を読んだり近くの観光地の情報を見たりとゆったりした時間を過ごしました。
受付横にはポプリが置いてあって、いい香りがします。

 



部屋は石畳の壁が印象的で落ち着いたブラウンのイメージのお部屋。大きなソファに素敵なベッド。ずっとここで暮らしたくなりますね(笑)
普通の温泉宿だと大浴場や露天風呂があるので部屋についてる内風呂はめったに入ることがありません。ところがここのお風呂はでっかい上にジェットバスや泡風呂の元まであって、楽しそうだったので彼と二人でジャブジャブと遊びまくりました!

 



今回の旅行の中で何が一番思い出に残ってるかって、それはこの食事! お洒落な落ち着いたレストランで次々運ばれてくるお料理の数々・・・もう、たまらんかったです(笑)
2品目の「薩摩シャモ」って何だろう?と思っていたら、鶏肉だったんですね。しっとりほわほわのお肉で最高でした。
メイン料理のロースとビーフは周りにかかっているソースが絶品。香味酢ということでちょっと酸味があるけど、いろんないい香りがするソースでした。
自家製焼き立てパンも温められています。4種類の内、ピスタチオの入ったパンが中でもお気に入りでした(^^)
それとデザート!これは、黒ゴマのブランマンジェとレモンシャーベット、フルーツの盛り合わせです。黒ゴマのはしつこそうで食べられるかな?と心配でしたが、コクがあるのにさっぱりとしていて、これだけの量を食べた後でもペロっといけましたよ(笑)


次の日も朝から真っ青な青空が見えました。
朝食の時間を8時に指定していたのに、起きたのは7時半(笑)慌てて支度をして寝ぼけまなこでレストランへ向かいました。
ロビーからパティオに出ると、日差しは強いのに爽やかな気持ちのよい風が吹いていました。これぞ高原の風!といった感じでしたね(^^)
そして、この朝の気持ちよさ旅行の醍醐味だったりします。

 

 

朝からたっぷり食べてきました。写真はないけど、サラダとcafe、焼きたてのパンがありました!小さいパンでしたが、4個も食べちゃいました(笑)
自家製のりんごジャムや桃ジャムがあり、これがうまいうまい。厨房に入ってレシピを全部聞いてきたかったですね。

チェックアウトが12時だったので、食後はのんびりとロビーでくつろいでいました。新聞や箱根の情報誌を読んでいると、そのまったりした時間がなんとも言えず良かったです(^^)そして温泉にもまた入りに行きました。

帰りは違うルートから帰ろうということで、富士山方面へ向かったのですが、またもや大渋滞にはまり、中央高速のICまで抜けるのに3時間くらいかかってしまいました。さらに中央高速でも事故渋滞があり、25キロの渋滞・・・
次箱根に行くときは、絶対ロマンスカーにしようね、と二人で語り合ったのでした(笑)

- CLOSE -