第1回目 「みかん酵母」

みかん1個とはちみつ
煮沸消毒したビンにみかんの皮を剥いて入れ、フォークでぶすぶすと刺して潰す。そこにはちみつを入れ混ぜて蓋をしめた。
1日目、2日目、3日目何も変化なし。酵母の様子が気になり、見るたびにビンを振り蓋を開けていた。4日目に見てみるとビンの内側の液体が入っていないところにくっついていたみかんの粒にカビが生えてしまった。匂いをかぐと、どうひいき目に考えても腐っているような匂い。初チャレンジはとりあえず失敗に終わり台所にバイバイした。
第一に最初に仕込むときに水を入れなかったのがだめだったようです。第二にしょっちゅう蓋を開けていたのも原因のひとつだと思います。蓋を開けるということは、空気中の雑菌が入ってしまうということ。あまりしょっちゅうあけるのは良くないのですね。
仕込むときは水を入れ、泡がぶくぶくと出てくるまでは蓋を開けないようにしてみよう。