2009年7月にとうとうニーダーを購入しました!
有名どころのニーダーを比較検討しながらさんざん迷ったのですが、友達からの助言といろんなサイトでの口コミを見て、結局BOSCHコンパクトキッチンマシンにしました。

パン生地を捏ねる時は専用の捏ねフックを使います。フックに生地がからみ、ボウルの底から生地をかき混ぜるので、従来のHBのようにフックの上で生地が踊ってしまうことがありません。
8分ほどの時間できめの細かいふっくらとした生地が捏ねあがりす。

他にも写真の泡立て用、攪拌用のアタッチメントがついていて、お菓子作りにも活躍します。

このマシン良いところはとにかく軽いこと!説明書によると2.7kgしかありません。某有名ニーダーは10kgもあるそうです。
この軽さならおっくうにならずひょいっと出してきて作業する気になれますよね(^^)
生地の出来具合ももちろん重要ですが、家庭で使うなら使い勝手の良さも重要な項目だと思います。

購入は↓からどうぞ!
BOSCHコンパクトキッチンマシン

 

2008年にマンションを購入した時に、もともと収納庫だったスペースをなくしてガスオーブンを導入しました。
新築マンションということで、収納庫の奥には電源もガスの栓も用意されていたので、何も問題なく設置することができました(^^)
購入したのは楽天のショップで、ショップ経由で専門の業者さんが自宅にきて設置してくれました。

ガスオーブンを使う前まではもちろん電気オーブンでしたが、その違いは明らかです!とにかく余熱が早いし、扉を開けてもあっという間に設定温度まであがります。
コンベクションタイプなので熱源が近いところだけまっくろになるなどの焼きムラもなく、とても使い勝手がいいです(*^-^)

 

1g単位で計れるデジタルスケールです。
今までいろいろな種類を使ってきましたが、TANITAの写真のスケールは表示部分を折りたためば立てて収納できるすぐれものです。

シンプルな機能で使いやすさ満点です。

 

その他のツールと言っても、パン作りをする限りではたくさんの道具をそろえる必要がありません。
計量カップ、計量スプーン、ドレッジなどがあれば大抵のパンは作れちゃいます。

奥に見えている渦巻き状のは「すくいっこレードル」と言って、cuocaさんで購入できます。網目が広いので茹でたベーグルの生地をすくって水を切るのにとっても便利です。

cuoca.com

 

食パン型、パウンド型、シフォン型、丸型、マフィン型、スコーンをくりぬくときの型など色々あります。