2009年3月29日

残念な結果に

1か月ほど前、だんなさんのおばあちゃんの調子が悪く入院したということで長野までお見舞いに行ってきた。その後徐々に良くなり近々退院できると聞いていたのでほっとしていたが。
今朝早くに電話があり突然亡くなってしまったと。
ということで残念ながらお葬式が出来てしまった。

明日から2日間仕事をお休みして長野まで行くことになった。

ところがここで問題が。

実はおお葬式に出たのはもう何年前になるか覚えていないほどで、その時は会社の関係の人のお通夜だったのでブラックのパンツスーツで行った。なので、ブラックフォーマルはパンツスーツしか持っていなかったのだ。
今回は親族側での出席となるので正装のスカートスタイルでいかなくてはならない。

そんなこんなで急遽一式買いに行ってきた。スカートのブラックフォーマルにバッグ、靴も。
全部で6万円ほどの出費となったが、こればかりは必要な出費なので仕方がない。

仕事も今週いっぱいの業務を抱えていたのだが、課長に電話をして休むことを伝え調整してもらうことになった。調整出来ればの話だが・・・まぁこれも仕方がない(;-_-)

さて、明日からの長丁場の運転に備え、支度をして早く寝ることにしよう。

2009年3月27日

問題なく

血液を取られ、胃のX線エコー検査で肋骨をグリグリされ、飲みきれない量のバリウムを飲みゲブゲブしながら検査台の上でグルグル回され、婦人化検診でちょっと痛い思いをし、3時間もかけた検査は終わった。と言っても待ち時間が2/3はあっただろうが(;-_-)

まぁとりあえず大きな問題はなさそうなのでほっとした。

しかしあのバリウムけを飲む検査は辛いものがある。
サイダー味の粉薬をたっぷり口に含まされたあと、20ccほどしかない水でそれを飲めと言われる。粉薬は水を含むとすぐシュワシュワとし始めるので、あっという間に口の中がいっぱいになり無理やり飲み込むのみまず一苦労・・・icon:face_shock
それだけで胃がいっぱいになるのに、さらに200ccほどもあるバリウムを全部飲まされる。

これ。

無理。

まずいし。

多いし。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次年度は胃の検査がない方の検診にしようと心に誓った。

2009年3月25日

明日は健康診断

明日は健康診断だ。
私は普通の検診にプラスで婦人科検診も受けているので、会社に来る検診車ではなく、健保組合が運営しているセンターで検診を受けている。

バリウムを飲む検査があるのが辛いな~と(;-_-)
血液検査で注射をするのも嫌いだし。
婦人科検診も何度やっても慣れないし嫌だな~と。

あれこれ嫌だなと思うことはたくさんあるが、その中でも一番辛いのが

"前日の20時以降は飲食禁止"

ということだicon:face_shout

ダメと言われると余計食べたくなるというもの。
これを書いている今はすでに20時を回っているので、気を紛らわすかのように日記を書いている。
もちろん夜ごはんはすでに食べた。血液サラサラになるように納豆ドカ食いプラス豚汁で野菜もたっぷり食べた。
なのでおなかがすいているわけじゃないが、・・・

思い出すと食べたくなるのでさっさと寝てしまおう(笑)

2009年3月23日

峠は過ぎた?

嘘のように忙しかった仕事もどうやら峠は過ぎたように思える。

まぁ"思える"というところがミソで、実は嵐の前の静けさだけなのかもしれないが(笑)

もう丸一か月以上ホットヨガにも行ってないし、夕食もろくに作っていないなぁ。

いつまで続くやら(^^;)

2009年3月20日

本格生パスタの会 11回目

090228-2.jpg

本格生パスタの会11回目は「イル ギオットーネ」というお店のパスタ。
"サーモンと聖護院かぶらの柚子クリームソースのタリアテッレ"だ。
大きくカットされたサーモンがたっぷり入っており食べごたえ十分。とてもとても濃厚なクリームソースだが柚子の風味があるおかげでしつこさがない。
すごくおいしいパスタだった。

2009年3月19日

はぁ・・・

3月は年度末で〆の次期。

もちろん仕事はてんこ盛り。

次から次へと仕事が舞い込んで息をつく暇もない。

毎年この時期は同じような状況。

会社は稼ぎ時だが年々体がついて行かなくなってくる。

年を取ったな(-_-;)

2009年3月16日

ひと安心

先週末父の見舞いに行ってきた。
特に手術などはしておらず、点滴と絶食の治療なので見た感じ痛々しい感じはなかった。
だが、4日間も何も食べていなくて、見舞いに行った日の朝、マグカップ1杯のお水を飲んだだけと聞いたらとてもかわいそうになってしまい、涙が出そうになった。
少しずつ重湯などから食事が始まるそうだが、早く普通に食事をして今まで通り元気になってほしい。
次実家へ行くときはおいしいものをいっぱいいっぱい買って行ってあげたいと思う。

2009年3月14日

お見舞い

父が入院したということでこれから実家の方までお見舞いに行ってくる。
「けいしつえん」という腸の病気で、どうやらクセになるらしく、何年か前にも2回ほど同じ病気で入院治療をしている。
症状がひどくないということで、治療と言っても手術するわけではなく、絶食と薬の点滴で治るそうだ。
電話をしてみたところ、父は意外に元気そうだったのでちょっと安心したが、食事が出来ないのでおなかがすくし気分的にも滅入るだろう。
なので顔を見せるだけでもちょっとは元気になるかな~と思って。
それでは行ってきます。

2009年3月12日

ブルーベリーベーグル

090312.jpg

「パンの家・ミル」今回最後のベーグルは、ブルーベリーベーグル。
他の種類に比べてやや硬めでベーグルっぽかった。
とても香りがよく、袋の上からでもブルーベリーの香りが漂っていたほど。
ジャムかピューレかわからないが、ベリーの粒を混ぜ込んでいるのではなく練りこんであるタイプの生地なのでうっすらと紫色をしている。
焼き色が強めなので写真だとよく分らないかもしれない。

総合的に見て、ちゃんともっちり感があるソフトベーグルが好みの人にはお勧めのお店であった。

2009年3月10日

チーズベーグル

090310.jpg

「パンの家・ミル」3種類目はチーズベーグル。
生地の中にもチーズが入っていて嬉しい。
食感はかなりソフト。やっぱりモチモチ感はあり。
おいしいベーグルであった。塩もきつくないし味が良い。
天然酵母の風味は特にしないが、イースト臭くもない。
お花の形の成形もかわいいし、結構気に入ったベーグルショップだ。

2009年3月 9日

チョコレートベーグル

090309.jpg

「パンの家・ミル」のベーグル第二弾はチョコレートベーグル。
チョコレート生地にチョコチップが入っている定番アイテムだ。
前回同様生地はかなりソフト。チョコチップの量は控え目で甘さもあまりない。
生地はソフトだがもちっとした弾力はちゃんとあるのがここのベーグルの特徴だと思う。

2009年3月 7日

お疲れモード

昨日は早く帰ってこれたので、一週間ずっと1時帰りだった彼を少しでも早く家に帰ってこさせてあげようと思って秋葉原まで車で迎えに行ってみた。終電になると、秋葉原で20分以上も電車を待つと言っていたので、待ってる間に家に着く。
それに車に乗るとリラックスできてもう自宅に帰ってきてる気がするので、多少楽なんじゃないかなと思った。

でも二人共今日は一週間分の疲れが出たようで、午後ちょっとソファでゆっくりしていた間に寝てしまい、ふと気付いたら20時前だった(笑)しかも彼はソファに横になって寝ていたが、私は座ったまま寝ていたらしいicon:face_embarrassed

明日は食料品の買い物には行くが、それ以外はおうちでゆっくり疲れをいやそうと思う。

2009年3月 6日

上には上が・・・

忙しかった一週間が終わった。
私は大体帰ってくるのは10時くらい。彼は1時くらい。
さすがに疲れているので彼が帰ってくる頃にはすでに寝ていたので、朝の30分くらいしか毎日顔を合わせていなかった。

そんな話を会社でしていたら、うちの課長は

「それならいいじゃん。俺なんて犬としか合ってねぇよicon:01pp_12

と(笑)

毎晩遅くて朝早いので家族と顔を合わせる時間がないそうだ(笑)

上には上がいるもんだ。

2009年3月 5日

パンの家・ミルのベーグル

090305.jpg

先日茨城は守谷近くにある温泉へ遊びに行った時、併設されている物産店にあったパン。
天然酵母と書いてありベーグルが売っていたのでその時置いてあった全種類を買ってきた。
その一つが「パンの家・ミル」というお店の"かぼちゃベーグル"だ。

お店の人に近所のパン屋さんなのですか?と聞いたところ、すぐ近くだということで店舗にも足を運んでみた。とても小さなお店だがお客さんは何人かいた。ベーグルより普通のパンの方が多かったと思う。

さて、ベーグルだがとてもソフトなベーグルだ。
かといってソフトなだけじゃなく、ちゃんとモチモチ感はあり皮は薄めで引きの強さもある。味もおいしくなかなかナイスなベーグルであった。
ベーグルにも天然酵母が使われているかどうかわからないが、十分においしさを楽しめた。

近くに行ったらぜひ立ち寄ってみてくださいicon:02pp_02a


● パンの家・ミル

住所:茨城県筑波郡谷和原村小絹西上宿1274-39
電話:0297-52-3171
営業時間:08:00~19:00
定休日:毎週月曜
ホームページ

2009年3月 3日

今度は全種類

090303.jpg

先日知り合いから「People Tree」のチョコレートを頂いたと日記に書いたのだが、私がとても気に入ったとBLOGで見てくださり、今度は全種類のチョコレートを送ってきてくれた。

●ミルク
●オレンジ
●ヘーゼルナッツ
●ホワイト・クリスピー
●レーズン&カシューナッツ
●キノア
●シナモン

の7種類である。

ミルクや先日頂いたビターはお菓子作りにも最適ということでわくわくする。
でもそのまま食べるのが一番おいしそうだが(笑)
送ってくれた気持ちを嬉しく感じながら、大事に大事に食べたいと思う。

2009年3月 1日

きぬの湯

090301.jpg

今日も癒しを求めて日帰り温泉へ行ってきた。
自宅から車で1時間半くらいの場所で、茨城県にある「きぬの湯」だ。
前回同様まだ出来たばかりと思わせる清潔さとデザインの良さで第一印象はとても良かった。

○ 温泉について

茶色っぽい色で匂いはそれほどきつくなく、サラっとしたお湯で舐めるとちょっとしょっぱい。
肌がスベスベするという感じは少ないが、とてもよく温まるお湯だった。

○ 湯船の種類について

露天風呂:6、内風呂:6、サウナ:3と種類豊富。
露天風呂はとても大きな石作りのお湯があり、寝湯にもなる場所があって入りやすいが、その他は少し小さめで誰かが入っていると入りにくい感じ。
内湯も種類豊富で中には深さ1Mもある歩いて入れるお風呂もあった。電気風呂というのもあり、側面に手を近付けるとピリピリとしてちょっと気持ち悪かった(笑)
サウナは天然縁を体につけて入る低温サウナがあり、すごく汗が出るので気に行ってずっと入っていた。

○ 脱衣場

ロッカーはたっぷりで奥行きも深く使いやすい。ドライヤーも完備で使いやすい脱衣場だ。

○ その他の施設

今回利用した本館の他に、「別荘」と呼ばれている家族で利用できる場所がある。貸切風呂とお部屋があり、部屋での食事もできるようだ。
本館には畳の休憩処があり、照明が暗くなっていて男女分かれている仮眠ができる場所があった。食事処も広く利用しやすい。食事はボリュームがあって低価格。味もそこそこなのでなかなか良かった。
本館を出た場所には地元の野菜や食品、天然酵母パンを売っているお店が併設されていて、元気のよいとても安い野菜がいっぱい売られていた。
パンは近くのパン屋さんから配達されており、ベーグルや天然酵母パンが種類豊富に売られていた。
もちろんベーグルは全種類買ってきた(笑)

○ 全体的な感想

温泉に入りに行くという要素にプラスして、買い物することも出来てちょっとしたプチ旅行気分を味わえる施設。自宅から1時間半という距離もドライブにぴったり。
休日の利用料金が一人1,200円と、他に比べて高めなのがネックだが、ちょくちょく行くのであれば会員になれば1,000円で利用できるので考え中。

  • きぬの湯
  • 茨城県常総市内守谷町きぬの里1丁目5-6
  • 0297-20-3751