2007年2月28日

ウェディング小物について

下見宿泊に行った時、担当の人からリングピローはどうされますか?と聞かれた。
リングピローって・・・あぁ指輪を乗っけておくやつね!くらいの記憶しかなかったのに、どうもこうも考えているわけがない。
その人の話によると手作りのピローを持ち込む人が多いとの事。

それを聞いてからネットで色々調べてみると出てくる出てくる。手作りピローキットなるものが!
お値段はピンキリで3000円程度のものから12000円なんてのもあった。
そういう小物系を扱っているサイトをよく見ると、ウェルカムボードや席札、メニューカードなどは全て手作りできる商品がたくさんあった。

それを見ていたらフツフツとこうなったら作ってやるぜ意欲が沸いて来た(笑)

早速式場の人に持ち込みはいいのか悪いのか?又、料金は発生するのか?など質問をしてみたところ、全て大丈夫ですとの返事が。

と言うわけで、ドレスが決まったらリングピロー、ウェルカムボード、席札、メニューカードなどをイメージにあわせて作ってみようと思う。
時間はたっぷりあるしきっと大丈夫だろう(笑)

2007年2月27日

昨日よりはいいかな?

北海道の気温差に負けて体調を崩し風邪をひいた私。
昨日はかなり辛かったが、今日は少し調子が良くなったと思う。

でもおかしいよな。
若かった頃(ウン十年前)は一晩寝れば直ってたのに!
気持ちだけは元気100倍chokoサンでも、寄る年波にはかなわないようだ(笑)

まだまだ寒さがぶり返しそうなこの時期。
皆様もどうぞ、ご自愛ください。

2007年2月26日

風邪っぴきな時は・・

昨日体調悪いな~と思いながら寝て、朝起きたらやはり風邪っぴきだった。
一日中鼻がズルズルで頭痛がし、関節が少し痛む。
薬を飲んで効いている間は調子が良いが、切れると途端にグッタリ・・

そんなときはお風呂で「宇宙刑事ギャバン」を歌うと元気が沸くのだっ!(なんでやねん)

チャ~ラッチャ~♪チャ~ラッチャ~♪
チャ!デケデケ チャ!デケデケ チャ!デケデケ チャ!デケデケ
デッデッデッデッデッデッデッデ デッデッデッデッデッデッデッデ

男なんだろう
ぐ~ずぐずるすなよっ
胸のエンジンにぃ~~
火~をつぅけろぉ~~~~!

俺はここだぜ 一足お先
光の速さで明日へ~~~~! ジャッジャッ!
ダッシュさぁ~~~~!

若さっ!若さってなんだっ?!
振り向かない~こと~さっ!
愛~ってなんだっ!?
ためらわな~い こ~~~と~~~さぁ~~~!

ギャ~バンッ!
アバヨ な~みだ
ギャ~バンッ!
ヨロシク~勇気!

宇宙刑事~~~~~
ギャ~~ッバ~~ン!!♪

・・・・・・

あ~、書くの疲れた(;-_-)
というか、全部歌詞を覚えているアタシってすごいなと思う。ウン。

え?体調悪いのにこんなの書いてないで早く寝ろって?
ハイ、そうします(笑)

2007年2月25日

帰ってきました

結婚式の下見宿泊から帰ってきました。
北海道は思ってたよりずっと雪が少なくて、気温も高めだった。
ちょうどブライダルフェアーをやっていたということで、模擬挙式や模擬披露宴、私たちが会食をする予定のコテージ「りすの森」のテーブルセットなどを見ることが出来てとてもイメージが沸いた。

担当の人に疑問や質問をしたり、フェア中だったのでメイクや花、フォトの会社も来ており相談をすることが出来た。
行って良かったね~と彼と話した。

ところが。
北海道というところは、東京と関東と違い暖房設備がとても整っており、実際屋内は半そででもいいくらいの暖かさになっているが、逆に外に出ると寒くてびっくりする。その気温差でどうやら風邪をひいてしまったようだ(^_^;)帰りの電車の中で急にくしゃみや鼻水が出て、今は頭痛までする始末・・・
今晩は風邪薬でも飲んでそろそろ寝なくては。

そうそう。
式場やホテル、コテージの写真を色々撮ってきたので、近々アップ予定です(^^)もし、北海道のホテルNIDOMさんで挙式を挙げられる方がいたとしたら、きっと参考になるのではないかな~と思います。

2007年2月23日

北海道に行って来ます

結婚式を挙げるホテルで、下見宿泊プランがあるということで、明日から1泊で見学に行く。現地ではチャペル見学、相談会、当日の食事の試食、ドレスの試着などが出来るようだ。朝ごはんは付いていないが、無料で泊まれるので気軽に行って来ようと思う。

北海道の明日の天気は曇り時々雪の予報。最高気温はマイナス2度、最低気温はマイナス5度(笑)
丈の長いダウンコートを着て頑張ってきます!

それと、コメントのレスは北海道から帰ってきてからになってしまいます(^_^;)ごめんなさいです。

それではおやすみなさい & 行って来ます(^^)

2007年2月21日

ドレス選びで思ったこと

ホテルの提携店は10店舗あるが、そのうち3件は見た。
どのショップも早くしないとなくなりますよ、早く早くという雰囲気が強く、まだ6ヶ月以上先のことなのにとても焦りを感じた。

大体どのショップも予約として取れる時間は2時間程度で、ドレスを着る数は3着ほど。たくさんのドレスがあるのに、まだ12着しか着ていないということになる。その内アンジェラは2回着たので、実質11着だ。
普通の服でさえお店にはあんなに種類があるのに自分に似合っており、好みであり、予算的にちょうど良い服を探すのも大変なのに、1枚しか選ぶことが出来ない高額なドレスを数回着ただけで選ぶのは、かなり難しいだろう。

なので、少し冷静になり焦らず店員さんの営業トークに惑わされないように、まだドレス探しをしようと思っている。フラワープリンセスも候補にあげつつ、これだ!というドレスが見つかるように努力しよう。

店員さんの話で、一つ印象的だったのは、前に着てみていいな~と思ったドレスと比較しない方が良いということだ。何故かというと、比較してしまうと、そのドレスが持っている本来の良さや、客観的に自分に似合っているかどうかの見極めが鈍ってしまうのだそう。
なるほどな~と思った。

2007年2月19日

やっぱりあっち?!

昨日ドレスを決めた!と書いたのだが、落ち着いて今までに撮ってきた写真をよくよく見ると、アンジェラより前に着たフラワープリンセス(ゴージャスドレス)の方がすっきりと見えた。会社で友達にも写真を見せて聞いてみたところ、フラワープリンセスの方がやっぱりすっきりと痩せて見えるといわれた。
確かにアンジェラの方は胴長に見える(笑)ドレス自体のデザインが身長170センチの人を対称に作られているということで、148センチしかない私には長めになってしまうのだろう。

比較してみよう。
20070219-1.jpg
こちらはアンジェラの正面。

20070219-2.jpg
こちらはフラワープリンセスの正面。

20070219-3.jpg
次にアンジェラの後姿。

20070219-4.jpg
フラワープリンセスの後姿。

なるべく同じ範囲になるように写真をカットしてみたがどうだろうか?客観的に見てフラワープリンセスの方が胸元がきれいだし、後姿も何故かすっきりと見える。ベールがアンジェラより透明でよく見えるからなのか?不思議だ(笑)

まぁ最初から私はアンジェラアンジェラと騒いでいたし、実際に着て見ていいなと思ったことは確か。フラワープリンセスの方はゴージャス過ぎる?と思ったのも確か。結局どちらもボリューミーな雰囲気的は好きなんだな~と思う。

んが。

今までアンジェラのサイトを見るとドレスばかりに目が行き説明をよく読んだことが無かった私。決まったということで安心してよく読んでみると・・・
素材に「ポリエステル100%」と書いてあった(笑)

え?ウェディングドレスなのにポリ100%?!洗濯機で洗えちゃうの?!シルクでもないのに何故34万円もするの?!ってことは結局エビちゃんもえちゃん広告料かいっ!!

と思ってしまったのだ(笑)
昨日試着に行ったショップはシルクシャンタンやシルクタフタ、シルクジョーゼットなどのドレスがほとんどだったのでなおさら安っぽ~と思えてきた。

と言うわけで急遽もう一度フラワープリンセスを試着してこようと思う。それでやっぱりちょっと・・と思ったらもう一度ドレス選びを再開しようかなと。
優柔不断は私には、なんだかこのままドレスは決まらないんじゃないかと思えてきた(笑)

2007年2月18日

ドレス試着4回目

え?もう決まったんじゃないの?
と思われる方がほとんどだろう(笑)
実際昨日行ったショップでドレスは決定したのだが、前から予約が入っていた「ノバレーゼ」さんにも一応行ってみたというワケである。
何故って、そりゃやはりこの先ドレスを着られる機会などないからだ(笑)着るだけならタダだぜ!などと鼻息も荒く勢いで試着に行った感じ。

銀座のショップに行ったのだが、このお店はさすが今年上場した企業だけあり、高級感はたっぷりだった。お店につくとまずピーチティーを出してくれ、試着が終わるとコーヒーや紅茶、お茶など好みのものを用意してくれる。サービス的にはいたれりつくせりだった。
ドレスは全てイタリアのインポートドレスでシルクにシルクオーガンジー、シルクタフタなどどのドレスも上質のものばかり。素人目に見ても良い品物に見えた。
4着ほど試着をしてみた。1着目から3着目まではサイズが合わず、背中が閉まらないか、ダボダボのドレスだったのでさっぱり雰囲気が分からず・・・4着目はぴったりだったがあまり好みのイメージではなかった。

担当して下さった店員さんは、これぞ営業トーク!と言っていいほどの話っぷりでドレスショップの店員さんにしては落ち着きがなく雑でお店の高級感とそぐわないなぁという印象だった。

実はこのショップで彼は始めてタキシードを着せてもらった。丈の長いジャケットと普通のスーツのようなタキシード2着だ。長い方がよく似合っていたし、いつもと違う感じでとても良かったと思う。彼も少しは雰囲気がつかめたようだ。

というわけで、今日の試着で私のドレス選びの旅は終了。好きなドレスに決められたことはとても嬉しいが、ドレスカタログを見たりショップのホームページを見て悩んだりするのもこれで最後か~と思うと、それはそれで少し寂しい気もする。でも何件か見てたくさんのドレスを着て、やっぱり自分が選んだドレスが一番良かったな~と思えたので良かった(^^)

2007年2月17日

ドレス試着3回目

ロマプリモードのアンジェラを試着する為に、青山にある「アクアグラツィエ」に行って来た。

無理に予約を入れてくれたので待ち時間がとてもかかると思っていたが、案外すんなりと試着することができた。
担当の人は電話で話した事情をちゃんと覚えてくれていてそれがとても嬉しかった。

最初にアンジェラを着た。うん、やっぱりかわいい。色味もいいしコサージュもフワフワのドレスもかわいい。これだよこれ!と言った感じ(笑)今までに何着か着てきた分、なおさら良さが分かった気がした。
その後違うドレスをもう一着着せてもらった。実はそれもとても良かったのだ。正直なところこっちでもいいかも?と迷うくらいかわいかったが、やはり一番最初にいい!と思ったドレスが一番なんだろうな~と決心し、アンジェラに決定した(^^)

20070217-1.jpg
決定したので写真を撮ることが出来た。普通のパニエだと生地が足に絡み付いて歩きにくかったので、ワイヤー入りのパニエにしてもらった。とても歩きやすくなった!しかもスカートのボリュームも更にフワフワ感がアップしいい感じだ。

20070217-2.jpg
後ろもフワフワで伸ばすと結構長くなる。写真では見えにくいがヒップの上あたりにコサージュがついている。

20070217-3.jpg
胸元とコサージュのアップ。ビスチェの表面にはかわいい刺繍とキラキラがたくさんついている。コサージュは薄い茶色の様な紫のような微妙な色合いで、とても気に入っている。

幸いにも挙式当日の予約はまだ入っていなかったのでレンタルすることが出来てよかった!
お値段的には高くついてしまったが、式場のドレスパック適用店なので、10万円引きにはなる。しかも小物は全て無料でつけてくれるということで安心した。

今後は3月になったら彼のタキシードを選びにお店に行き、挙式の2ヶ月くらい前になったら最終的なサイズチェックと小物合わせがあるそうだ。タキシードが決まったら小物合わせをするまで少し余裕のある土日が過ごせそうだ(笑)

2007年2月15日

健康診断

明日は会社の健康診断で、朝から半日検査漬け。
今までは健康保険の指定内の検査プラス婦人科のみを受けていたのだが、今回初めて半日ドッグのような検査を受けてみることにした。

その内容に「胃部X線写真」というのがあり、バリウムを飲まなくてはいけないのだそう。
何を隠そう産まれて始めてのバリウム。あんな人やこんな人からバリウム奮闘記を聞かされてきたので、かなりビビっております。果たしてゲッとならずに検査を受けることが出来るか否か?!

今晩は20時以降の食事はダメ。水かお茶ならほんの少しはいいと書いてあった。もちろん明日の朝起きたら何もかもダメ。そう思えば思うほど何か食べたくなるものである(笑)

年々体重が増え続けていたが、今回結婚式を控えているということで少しダイエットをしている。2キロくらい落ちただろうか?きっと今年の検査結果は去年よりマイナスになってるだろう。

あ~、お腹すいたな・・・

2007年2月13日

ラッキー

一筋の光・・・それは。
式場と提携しているドレスショップでもロマプリモードを取り扱っていたこと!

最初ロマプリモードは「ア・リリアーレ」というショップでしか扱っていないと思っていたのだが、パンフレットをよくよく見ると”取扱店”に「アクア・グラツィエ」(式場の提携店)と書いてあったのだ。ドレスの写真ばかり見ていて気づかなかった(笑)

しかもこの「アクア・グラツィエ」というショップは、式場のドレスパックというのが適用される店舗でもあった。ドレスパックは10万円の支払いで20万円までのドレスを選べるという内容で、20万円以上になると自費負担となる。簡単に言えば10万円引きとう内容なのだ。かなりラッキーである。

昨日パンフレットを見てからすぐに「アクア・グラツィエ」に電話をし、予約状況とロマプリモードの取り扱いについて聞いてみた。今週末の試着予約はいっぱいだがロマプリモードは扱っているとの返答。
予約については24日はどうか?と聞かれたので、その日は式場の下見見学に行くということと、先日「ア・リリアーレ」で試着をし、このドレスがとても気に入ったことなど事情を話すと、なんとか今週末の土曜日に試着を入れてくれたのだ。これもラッキーである(笑)

ということで土曜日は急遽試着にいけることになったのだ。
たぶんその日にドレスは決まるだろう。

ちなみに私が気に入っているロマプリモードの「アンジェラ」というドレスは、お店のレンタルプランは適用されず、定価でのレンタルになるとのこと。だが、小物などは無料で貸し出ししてくれるとお店の人が言っていた。レンタル価格は34万円。この価格は有名デザイナーのドレスとたいして変わらないお値段だ。要するに「お高い」ということ(^_^;)たぶん、エビちゃんもえちゃんの宣伝料が高くしていると思われる。
でもいいのだ。この先もう二度とドレスを着る機会などないし、どうせ着るなら気に入ったものを着たい。それに10万円引きだし(笑)

土曜日に契約出来たらたぶん写真撮影が出来ると思うので、またアップできると思う。
次はカメラマン(彼)にもっと全体的に撮るようにと指示しておこう(笑)

2007年2月12日

ドレス試着2回目

今日は汐留にあるドレスショップ「アンジェリカ ヴィータ」へ試着に行って来た。
ホテルの提携店なので昨日より気が楽だったし、いいものを探そうと本気モードだった(笑)

やはり最初にアンケートを書かされ、ドレスの好みを聞かれたので昨日試着してとても気に入ったエビちゃんのロマプリモードドレスのイメージを話すと、担当の人はそれを聞いてピンと来た!というドレスを紹介してくれた。

20070212-1.jpg
それがこれ。携帯の写真だしカメラマンが彼なので画像はイマイチだがご了承を(笑)
しかも顔をボカしているので怪しさ全開だが、このような写真をアップできる機会は、なかなかないと思い思い切ってアップしてみた(笑)みなさん、笑わずにご覧下さいな。

ビスチェタイプで私の好みのシャンパンカラー。胸元には大きめのフリルがついており、キラキラの刺繍が全面に施されている。スカート部分は大きく広がりアシンメトリーになっている。

20070212-2.jpg
後姿はこんな感じ。めちゃゴージャスだ(笑)背中部分は編み上げになっている。ヒップの少し上にはコサージュが付き、そこから下はブリブリのゴージャスフリルつき。

20070212-3.jpg
このドレスにはオプションがあり、ビスチェ部分に取り付ける肩紐?みたいのがあった。それを着けた状態がこの画像。だいぶ印象が変わり、さらにプリンセスチックだ。これがないとスッキリとした印象だが、あると二の腕の太さはカバーできるかもしれない(笑)

20070212-4.jpg
実は後ろのフリフリ部分も取り外しが出来、写真のようにスッキリなドレスにもなる。担当の人は、お式のときはフリルを着けて教会のゴージャスさに負けないように、食事の時はフリルをはずして座りやすくするのがいいですね。と。

色々アレンジできるドレスだし、色も好み。お値段もとても良心的だった。パニエ、靴、ヘッド、アクセサリーなど小物が全て無料でついて、式場までの送料も込みで23万円だった。しかも新郎の衣装はALL30%引き。二人合わせて30万円くらいで済みそうな感じだった。

条件などはとてもとても良かったし、実際着てみて嫌いじゃなかったが、ロマプリモードのアンジェラのエアリー感とはちょっと違い、ゴテゴテのイメージだったのが残念なところ・・・
結局他のお店も見てから・・・と決定するには至らなかった。

残念な気持ちを抱えつつ家に帰ってきてから、ロマプリモードのカタログを眺める。
あぁやっぱりアンジェラがいいな~としみじみ思っていると・・・

本厄の私にも一筋の光が!!!

この続きは明日書きます(笑)

2007年2月11日

ドレス試着1回目

今日は初の試着に行って来た。
ドレスショップは「A Liliale(ア リリアーレ)」さん。
どうしても「ロマプリモード」を着てみたかったのだ。

写真はNGのお店だった。何故ダメなのだろう?と行く前にネットで調べてみたところ、ドレスのデザイナーの著作権に関係があるらしい。妙に納得した。

11時半の予約で、お店に着くとまずアンケートを渡され、式の日時や場所、二人の名前、服のサイズなどを書いた。その後担当の人にドレスの好みを聞かれ、それからようやくドレス選びとなった。
まずは気になっていたロマプリモードコレクションを見てみる。う~ん、やっぱりかわいい(笑)
あれこれ見ていると担当の人が、「こういうドレスがお好みなんじゃないですか?」と持ってきてくれた。
それはハイウエストのエンパイアラインでブスチェタイプの胸元に大きなオーガンジーのリボンがついており、ストンと下に落ちるようなシンプルなラインのドレスだった。
まさにこういうのが好み!と試着の1つ目とした。

今回私は、あまり広がったのよりシンプルで広がりがない方がいいかなとお店の人に伝えてあったのだが、次に担当の人が選んでくれたのはボリュームのあるラインのドレス。やはりこれもビスチェタイプでスカートがかなり広がっているラインだった。「お好みとは違いますが、とてもお似合いになると思ったので」とのこと。
確かに着てみないと分からないよなと、そのドレスを2着目の候補にした。

3着目としてエビちゃんラインの「ANGELA」をチョイス!

そしていざ試着開始!
インナーはお店で貸してくれたものを着た。もちろん靴は12センチヒールだ(笑)とは言ってもつま先部分も高くなっているので実際の高さとしては5センチくらいだろうか?
後ろのファスナーが閉まるかどうか不安だったが何とかなった(笑)そして靴を履き彼が待つ外に出てみた。鏡に映る自分を見て、自分じゃないような気がした。
するとすぐ椅子に座らされ髪をアップにしてくれた。コサージュやネックレス、イヤリングなどの小物をつけてもらいもう一度鏡の前に立つ。

えっと・・かわいいんだけどちょっと太って見える?(笑)といった印象。シルエットやディテールはまさに好みなのだが、どうやら私には似合わないようだ。
次の2着目はお店にあるのが一番小さいサイズということで、後ろが閉まらず当て布をして着せてもらった。
ボリュームがすごいな~と圧倒されつつ鏡の前に立つと、これがびっくりするほどよく似合った(笑)自分で言うのもなんだが、背が高くやせてスラっと見えたのだ。顔も小さく見えたし。
彼もよく似合う!と褒めてくれた。どうやら自分の好みのデザインとは違うシルエットが似合うということが分かった。

最後にANGELAを着てみる。
「こ、これは・・・・・かわいすぎる!!!」と大いに気に入ってしまったのだ。
フワフワでボリュームのあるスカート、全体的にアイボリーとシャンパンピンクのバイカラー(2色使い)がとても良い感じ。コサージュも大きくニュアンスのあるカラーで全てが私の好みだった。

んが(笑)

実はこのお店は式場の提携店はないのだ(^_^;)ということは当然持ち込み料がかかってしまう。
ちなみにこのドレスのレンタルの価格は35万円。小物など合わせると40万円かかるとのこと。それにプラス持ち込み料となるとエンゲージリングより高くなってしまう。
ドレスショップのレンタルプラン(20万円の支払いで25万円までのドレスを選べる)もあるのだが、ロマプリモードに関してはプラン外・・・
後ろ髪を引かれつつ、お店を出る時に思ったことは・・・

提携店以外のお店は見ないほうが良い

ということだった(笑)もし気に入ったのが見つかってしまうと悲しくなるから。
あ、ちなみにこのことは金銭的に余裕のある人には関係ない言葉だと思う(笑)

明日は汐留にある「アンジェリカ ヴィータ」さんに試着に行く予定。
ANGELAよりいいドレスに出会えるだろうか?

2007年2月10日

3連休は

年度末になり仕事が忙しくなってきて残業続きの毎日。彼は毎日終電で土曜も出勤するという忙しさ・・・でも今日は久しぶりに休めたということで、二人でゆっくりした日を過ごしている。

んが、明日、あさってはドレスの試着の予定が入っており、買い物の予定もあるし、家具も出来れば見に行きたい。
とにかくいっぱいいっぱいなのである(^_^;)

そんな中、世間ではバレンタインということでデパ地下のチョコレート売り場は大騒ぎ。
出来れば手作りのチョコレートをあげたいが、お菓子作りはおろか、パン作りもままならないこの状況下では手作りは難しい課題だ。

ということで結局私も大騒ぎのチョコレート売り場で買うことにした(笑)
買ったはチョコレートではなくケーキ。大好きな「a la campagne」さんで見つけることに。

20070210-1.jpg
こちらは彼用のガトーショコラ。レンジで少し暖めて食べてくださいと説明があった。
しつこくなく、濃厚というより軽い口当たり。甘さも控えめで食べてて飽きない味だった。

20070210-2.jpg
こちらはオレンジのショコラタルト。軽いチョコ味のムースと生クリームの上にさっぱりオレンジが乗っている。タルト生地はどっしり硬くとてもおいしい。さすがa la campagneさんと言ったところか。

余談だが、なぜチョコレートではなくケーキにしたか?ということに触れておこう。
それは。
チョコレートだと彼だけのお楽しみになるが、ケーキなら自分の分もついでに買えるからだ(笑)

2007年2月 8日

予定がいっぱい

結婚関連の予定が詰まっていて、今月中と来月頭の土日は必ずどちらかに予定が入っている。
今週末は3連休だが、日曜日と祝日の月曜日はドレスの試着の予約が入っている。その次の週の日曜日もドレスの試着の予約が。

そして24日から一泊で式場の下見宿泊をすることになっているのだ。
1泊で北海道にプチ旅行。旅行と言うか下見と簡単な打ち合わせ、どんなところなのかをよく見てくる予定になっている。

2月末の北海道・・・今年がいくら暖冬とは言えさすがに寒いのだろうな(^_^;)

2007年2月 7日

不良品の結果

ベルメゾンで買ったカップボードが不良品だったという件で、昨日夜8時頃に千趣会の社員だと言うおじさんが二人と、カップボードを運び出す引越し業者の人が二人家に来た。

ベルメゾンは本社が関西なので急な出張に対応できないということで、都内の支社にいたこの人たちがやってきたらしい。50代前後だろうか?やや疲れた顔をしており、玄関を入るなり謝り攻撃が始まった。
「この度はまことに申し訳ございません」と。
挨拶の後実際にカップボードを見てもらったが、これはひどい・・・と絶句していた。
中国で作られた家具はやはり質が悪く、お客様からの苦情も多いが、今回のカップボードは国内生産なのでどうしてこんなひどい商品なのかが不思議でしょうがないとのこと。
消費者側から言うと、どうしてこんなひどい商品を「新品交換」として配達させるのかが不思議でしょうがない。

全体的に、とにかく申し訳ないの連発で、具体的なことを聞くと専門じゃないものですから・・・と逃げ腰だった。私が言っていることは良く聞き、それに対してお気持ちは分かりますというオーラを出しながらそうですよね、と相槌を打つが、千趣会の不手際という話は一言もなく、こんなひどい商品なのはメーカーが悪いという口調であった。

検品のことについて聞いてみると、千趣会の方でメーカーに検品の念を押したということだった。
結局実物は誰も見ていないのだろう。

今後については、2つのカップボードを自社に持ち帰り、メーカーを呼んで会議を開き原因を突き止めるとのことだった。その結果を私に連絡してくれるそうだ。
私としては今更何も聞きたくはないが。

帰り際、コージーコーナーの菓子折りを渡された。
「この度はご迷惑をおかけして本当に申し訳ありませんでした。今後ともよろしくお願い致します」という言葉と共に。
それに対し私は「本当に迷惑でした」と答えた。

大きなカップボードが無くなったキッチンはとてもスッキリしたが、私の気持ちはスッキリしていない。
自分たちの落ち度を第3社に擦り付けるような言い分と、逃げ腰の言い訳。
もっと突っ込んで話をしても良かったが、聞いても同じ言い訳の繰り返しだろうと思ってやめた。

今回件で家具を通販するということの難しさを感じずにはいられない。
千円、二千円のものならともかく、万単位のものを買うときはやはり手に取って実物を良く見てからじゃなきゃだめだなという教訓を得た。良く考えれば当たり前なのだが、忙しさにかまけ家具屋に行く時間もない私たちにとって、通販というのは本当に手軽で簡単に物を手に入れることが出来る助っ人的存在だったので油断したのだと思う。
頑張って働いて稼いだ大事なお金。もっと大事に賢く使っていかなくては。

2007年2月 5日

どんな対応になるか

カップボードの不良品の話で、明日社員の人と家具を運び出す引越し業者2人とでうちに来ることになった。
どうぞ触ってください、見てくださいと歓迎するつもりだ。
担当の人がどんな対応をするのか思慮深いところだ。

今回のことで私は高飛車になってるつもりもないし、追い詰めたい訳でもない。
ただ、自分たちが扱っている商品がどれだけひどい物なのかを知ってほしい。通販というのは手に取って見れない分、ワクワク感もあり不安もある。でもこの通販会社なら大丈夫だろうと思い思い切って買うという気持ちが大きいと思う。それが裏切られた悔しさも分かってほしいなと。

今ふと気がついたのだが、これが本厄の災いなのかもしれない(笑)

2007年2月 4日

指輪探しの旅

風は強かったが気温はあまり低くない一日だった。
朝起きてすぐホームベーカリーにホシノ酵母の食パン作りをまかせ、銀座へエンゲージリングを探しに行ってきた。

最初は「TIFFANY」へ。ブライダルを取り扱っているのはショップの2階で、エスカレーターを上がるとカップルがうじゃうじゃ。ものすごい勢いで指輪を見ていた。
一通りぐるっと見てまわりデザインと値段などをチェックしてきた。出来れば実際に手に取って見たかったのだが、人が多すぎて退散した。

次は「田崎真珠」へ向かった。
丁度ブライダルフェアーをやっているということで期待していたが、ブライダルのフロアは閑散としており、私たちのほかに親子らしき女性が二人いるだけだった。
田崎真珠のブライダルリングは、あまり種類がなく同じデザインでカラット数が変わっていくと説明を受けた。椅子に座りいくつか指につけさせてもらったが、イマイチピンとこなかった。

お次は「ブルガリ」へ。
何件か見るとどのショップもブライダルコーナーは別の階にあるようだ。ブルガリのリングはごついというか硬いデザインや太いリングが多くてこれも私の趣味には合わなかった。あまり見ずにお店から出た。

次は「ヴィトン」へ行ったが、こちらも全然好みのものがなく・・・

なかなかいいのがないなぁ・・と思いながら最後は「ディオール」へ行った。
するととってもかわいいエンゲージリングとマリッジリングを見つけてしまった!
重ね着けが出来るタイプで微妙にうねりがある。
エンゲージリングの方は細めで周囲にぐるっと小さなダイヤがついていて、立て爪タイプではない。マリッジリングは同じデザインだがダイヤはついていなくて小さく「Dior」という文字が刻印されていた。
これっきゃない!と鼻息を荒くしたのだが、何故か素材がホワイトゴールドなのだ(^_^;)
絶対プラチナと思っていたのでガッカリ。店員さんの話によると、日本人は結婚指輪というとプラチナという先入観があるが、ヨーロッパではホワイトゴールドや普通のゴールドがほとんどなのだそう。

そうは言われてもプラチナよりも傷がすぐついてしまいそうだし、曇るのも早そうな気がして意気消沈してしまった。

あのデザインでプラチナなら絶対あれに決めていたのに!というほど気に入ったデザインだった。
いいのが見つかったと思ったらとんだ落とし穴があり・・・まだまだ指輪探しのたびは続きそうだ。

2007年2月 3日

呆れました

前回不良品として引き出しだけ交換してもらった日記の続きになるが、結局全部交換してもらうことになっていて、それが今朝とどいた。
引越し業者に引取りと配送を委託したようで、玄関先でその人達がダンボールなど全て取ってくれ、自宅内に搬入してくれた。そこまでは良かったのだが。。。

20070203-1.jpg
写真は背面。半分が真っ黒になっている。まるでカビのようだ。しかも前に来ていた商品は、裏板が薄いベニヤ板を背合わせにして2枚になっており裏側とは言えピカピカの仕上がりになっていたが、今回の方はこの汚いのが1枚。背合わせにしなくてはいけないところを1枚しか入れなかったのだろう。コンコンとたたいてみると明らかに強度も違う。

20070203-2.jpg
こちらは前回の商品の背面。同じ商品とは思えない。

20070203-3.jpg
黒い部分をよくよく見ると、板の切れ目というかヒビの部分に明らかに水を吸っちゃいましたというようなシミが出来ているのがわかる。
前の商品も外してみると実は中はこうなっているのかもしれない。カビが生えるのは時間の問題だろう。
それとニスの塗り方がいい加減で例えば開き扉の片側はつるっとしているが、もう一方はザラザラだ。引き出しも上から順にザラつきが激しくなっていく。

今回の件に関してあまりにずさんな対応に呆れ果て、本来なら本日は新しい商品の搬入と古い商品の引き取りということになっていたが、2個とも家に置いておいてもらうことにした。
千趣会の担当の方に家に来ていただき、この商品を目で見てもらって触ってもらってどんな商品なのかを見てもらいたいと思っている。配送してくれた引越し会社の方も同じことを言っていた。
その件でサポートセンターに電話したところ、本社の担当者がいないので、その件に関するご解答は月曜日になるとのこと。私たちの気持ちとしては今すぐにでも来てもらって対応して欲しいくらいだが、そこは我慢した。

結果として商品を見てもらった後はそっくりそのまま返品しようと思う。
もう一度交換してもらう気には全くならない。

2007年2月 1日

これはひどすぎ

今年の初めに「Studio M'」さんの福袋を2箱購入したのだが、さすがに食器棚に収まらなかった。
他にしまう場所はないし、出しておくのは嫌だし割ってしまいそうだし・・・と悩み、今から1ヶ月くらい前に食器棚を買った。

お店に見に行く時間がなかったので、通販で手ごろな物を買おうということになり、通販では大手の「千趣会」で注文した。
1週間ほどすると商品が届いた。それは完成品だったのだが、引き出しや開き扉の取っ手部分だけ自分でネジで止めるものだった。
ところが2段目の引き出しだけ、板が厚すぎてネジが届かなかった。
不良品だなと思い返品交換受付センターに電話してみた。

すると快く交換してくれるとのこと。全部交換しますか?それとも2段目の引き出しだけ交換することもできます。と言われた、
その引き出し以外は問題なかったので2段目交換してもらうことにした。全部でも良かったのだが、大量のごみとダンボールが出るので片付けるのが大変だなと思ったので部分交換にした。

返品受付センターさんの話によると、交換する商品をしっかり検品してから配送させて頂くので、少しお時間がかかるとのこと。こちらとしてはあふれた食器を早く収めたかったが、しっかり検品してもらうに越したことは無いので遅くなっても良いと返事をした。

そして届いた引き出しは、それはそれはひどい商品で・・・

20070201-1.jpg
確かに取っ手のネジは長さが足りて取り付けることは出来たが、どう見ても明らかに色が違う。

20070201-2.jpg
しかも右方向に下がってしまっていてゆがみが見られる。どう贔屓目に見ても上下の隙間が違う。

20070201-3.jpg
更に極めつけは角についていた傷。良く見ると水平でなければいけない底面の部分がえぐれているように見える。

この商品のどこが「しっかり検品させて頂いた」商品なのだろう?
これならまだ、うっかり違う商品が届いてしまった方が可愛げがある。
その辺にあるサイズが一緒の引き出しを適当に発送されたような気分だ。

あまりにひどかったので、上記の旨を千趣会のお問い合わせフォームから送信してみた。
「お問い合わせは確かに受け付けました」というメールは来たが、回答は1週間経った今でも届いていない。なおさら不信感がつのった。

お手軽通販の落とし穴にまんまと引っかかった私が悪いのかもしれないが、通信販売を本業とする企業としてひどすぎるのではないか?とも思う。

結局新品を発送してもらうことになっている。
土曜日に届く予定だが、今度もまた不良品だったら買わずに返品しようと思う。